割引を利用できる子宮がん検診


割引を利用できる子宮がん検診

若い人でもかかることがある重い病気のひとつに子宮がんがあります。子宮がんは、自覚症状がないことが多く、知らないうちに病気が進行してしまい、気づいた時には命にかかわる状態になってしまっていることがある怖い病気です。また、子宮がんは、命にかかわる状態でなくても、子宮を摘出の手術をしたり、治療をしたりする必要があるため、出産をあきらめたり、治療を優先した生活を送ったりしなければならず、とても辛くて大変です。
子宮がんは早期発見することで、早期に治療を開始することができ、子宮を残したり、出産の可能性を残したりすることができる病気でもあるので、定期的に子宮がん検診を受けることがおすすめです。自治体の補助制度や職場の健康診断を受けることにより、子宮がん検診を割引価格で受けることができる場合が多いので、自治体の広報や職場の健康診断の案内をチェックしたり、問い合わせをしてお得に子宮がん検診を受けることがおすすめです。

お得に子宮がん検診を予約する裏ワザ

女性特有のガンである子宮がんは、20代や30代の若い女性でもかかる病気だと言われています。がんは早期発見をすれば、完治することも多いので、定期的に子宮がん検診を受けることは大切です。
自覚症状がなかったり、忙しかったりするとつい受診するのを忘れたり、必要でないと思いがちです。子宮がん検診にかかる費用のことを考えると、受けるのを躊躇することもあります。
そこで厚生労働省は、検診率を上げるために、平成21年から対象年齢の女性に対し、無料で子宮がん検診ができる無料クーポンを配布し始めました。対象年齢は、20歳・25歳・30歳・35歳・40歳の女性です。市役所から検診のお知らせが届くので、指定された病院で受けることができます。その場合、事前に予約が必要になります。また無料クーポンと一緒に検診手帳も送られてくるので、いつ受けたかなどがわかり便利です。
このように、お得に子宮がん検診を受けるには、市や区が実施している無料クーポンを利用するのが一番です。

\